MENU

薬剤師求人 初めて転職活動kusurin!薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトを選ぶときに、薬剤師の転職活動を応援してくれる転職エージェントの力が不可欠です。薬剤師転職サイトには調剤薬局、ドラッグストア、病院、医療メーカーなど最新の薬剤師募集情報以外にも履歴書・職務経歴者の書き方、面接対策など転職成功ノウハウも蓄積されています。それらの情報を伝えてくれる担当のコンサルタントのサポートも受けられます。薬剤師転職サイトは数多くありますが、薬剤師求人 初めて転職活動kusurinでは、その中でも全国トップクラスの優良求人が揃っているサイトのみを厳選しています。薬剤師転職の応援ライフ!薬剤師転職サイトの選び方厳選サイトでは、東京都特別区、札幌,仙台,さいたま,千葉,横浜,川崎,相模原,新潟,静岡,浜松,名古屋,京都,大阪,堺,神戸,岡山,広島,北九州,福岡ほか全国各地の優良な非公開求人が見つかるでしょう。

【最高】薬剤師求人 初めて転職活動kusurin Best3

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

公式サイトはこちら

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

公式サイトはこちら

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

公式サイトはこちら

薬剤師の転職するための3つの方法

薬剤師求人 初めて転職活動kusurin

薬剤師求人 初めて転職活動kusurinの転職するための方法を3つ紹介します。
まず一つ目の方法は、働きたい地域の薬剤師会やハローワークに問い合わせてみる方法です。実際に紹介者と話をして、自分の期待に沿った勤務先を選ぶことが出来ます。あまりインターネットが得意ではない方におすすめです。反対にあまり転職を真剣に考えてはいない方や、転職することを人に知られたくはない方にはお勧めできません。他の方法で探してみてください。
二つ目の方法は、卒業した大学の就職支援センターを利用する方法です。大学の就職支援センターでは新卒者向けの求人が多いですが、概卒者向けのものもあります。あまり知られてはいませんが、卒業した大学に一度問い合わせてみるといいでしょう。
最後に三つ目の方法は、インターネットを利用して探す方法です。こちらの方法は自宅にいながらも探すことができますし、自分で色々探すのが得意だ、という方にはおすすめです。ただ注意しなくてはならないのは、その情報が信用できる機関から発信されているかどうかを見極めなければならない点です。転職とは人生の一大事なので本当に信頼できるサイトを参考しなくてはなりません。あまりマイナーなサイトではなく大手のサイトを参考にし、他のサイトでも同じように書かれているか、なども調べてみてください。結構古い情報がそのままになっている可能性もあるので、注意してください。それぞれ手段が違うので、一番自分にあった方法で次の転職先を探してみてください。

薬剤師の求人は薬局薬剤師が多い

医療機関から出される処方箋は、調剤薬局へ持ち込まれ、薬剤師によって薬が調合されます。調剤薬局は、医療機関に隣接され、猛スピードで増えています。薬局薬剤師の求人も、それにともなって多くなります。
薬局薬剤は、ドラッグストアでも求人があります。ドラッグストアでは、薬剤師が常在しており、利用者の相談に応じます。病気の症状に合わせて、市販の薬を勧めます。利用者は、薬の成分に対する知識が薄いので、成分を見て説明していただくのは、とても便利です。今、使用している薬が、どんな効果があるのか、という質問にも答えてもらえます。ドラッグストアで常在できる職員が不足の場合、薬局から手伝いにくる薬剤師さんも多く、ドラッグストアの社員としての薬剤師さんは、求人が絶えないのが現状です。
調剤薬局の仕事は、患者さんに、処方箋を元に薬の調合をして、渡すことです。簡単なことですが、患者さんに不安を与えないよう、一つ一つの説明をしてくれます。薬の効能・飲む時間・量を説明書と共に言葉で伝えます。お薬手帳に記載もしてくれるので、何かあった時に対応できます。飲みづらい粉末の場合の、対応もしてくれるので、何でも相談でき、地域の方に親しまれます。地域密着型の職業とも言えます。
薬局薬剤師の仕事は、病院薬剤師と比較すると、患者さんにより近い存在になれます。人との接し方が得意な方には、この職業はお勧めです。対応する患者さんとのやり取りから、患者さんの様子を見ることが出来るのも、この職業になります。

薬剤師の役割

私が過去に働いていた医院には、薬剤師が1人常勤していました。院外処方が増えている中で、その医院は院内処方だったので従業員としては大変でしたが、患者さんに取っては1度に済ませることが出来るため便利だったと思います。
患者さんは何故か診察の時に医師に対して、今飲んでいる薬や他の病気で別の病院や医院に受診していることを話さない人が結構います。それでは何のための診察なんだろうかと、とても疑問に感じることも多々ありました。
診察が終わって薬を渡す時になってから、患者さんが別の医療機関でもらった薬を飲んでいるけど、一緒に飲んでも大丈夫かと聞いて来られます。その度に、受付にいた私は薬剤師に確認を取っていました。
そして薬剤師は、一般的に出回っている薬のことでしたら、その場で答えることが出来ましたが、ちょっとあまり聞きなれない薬の名前だったりすると、患者さんに具体的な病名を聞いてその薬を持って医師に確認をしに行っていました。
医師も気分屋な性格だったので、機嫌が悪い時だと何でこんなことが分からないのかと、嫌な態度をされたこともあったようで、薬剤師は患者さんのために聞いているだけなのに、何か可愛そうに感じたことがありました。
患者さんとしては、診察の時に聞くタイミングがなかったのかも知れませんが、薬剤師の立場からすればきちんと直接医師に聞いてもらいたいと思っているようです。でも、この薬剤師が橋渡し役をしてくれるので、医師も患者さんも助かっているのだと思います。

薬剤師のニーズと将来性

今や高齢者が年々増え続けていて、その分当然ではありますがそれに比例するかのように、病気にかかる高齢者が確実に増加しています。
しかし、若い人は減って来ているわけですから、その高齢者に対応して行ける医師や看護師は今後減る可能性があります。そんな中で、薬剤師はどうかと言えば確実にニーズが増えて行くと考えられています。
これは一体どう言うことかと言えば、病気にかかる人が増えると薬を必要とする人も当たり前ではありますが増加して行きます。今や、わざわざ医療機関を受診しなくても、少々の風邪や、軽い病気であれば薬局で手軽に薬が手に入ります。
そこでは必ず薬剤師が必要になるわけですから、活躍の場は更に増えて行くことと予測されます。近年ドラッグストアが、あちらこちらに増え続けていることが物語っていると思います
そもそも、医師や看護師はもちろんですが、薬剤師もそう簡単にはなれない職業の1つであります。だからこそ、強みがあるので国家資格を取得するのは並大抵ではありませんが、逆に1度取得さえしてしまえば一生ものになります。
薬剤師の割合は、女性の方が圧倒的に多くて全体の約7割程だと言われています。例えば、独身の時には正社員で働いていて、結婚や出産をした場合にはパートに切り替えることも出来ます。
お給料にしても、男女の差も無いようで立場も弱くなく男性と同等に扱ってくれることも薬剤師のメリットなのだと思います。いずれにしても、将来性のある職業には間違いありません。

(薬剤師求人 初めて転職活動kusurin!薬剤師転職サイトの選び方)

更新履歴